ブラック企業の見分け方をズバリ公開。真っ黒企業に勤めていた私が本音を暴露

ブラック企業の見分け方

私は20代に4度転職をしています。

うち3社がブラック企業でした。

エス子
エス子
今はホワイト企業で働いています!

コンサルタントとして大小さまざまな数十社に常駐していた経験と

ブラック企業に勤務していた経験をもとに、ブラック企業の見分け方をお伝えします!

これを書いた人
エス子
クビ、ヘッドハンティングなどで転職4回、5社を経験。

性別:女

年齢:30代前半

年収:700万円程

勤務先:東証一部上場企業

学歴:偏差値50ちょいの大学卒

詳しいプロフィールはこちらから!

ブラック企業の定義

ブラック企業は、厚生労働省ではっきりとした定義はありません。

「若者の「使い捨て」が疑われる企業」として、ブラック企業の特徴が明記されています。

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、

引用元:厚生労働省|確かめよう労働条件|「ブラック企業」ってどんな会社なの?

ねこさん
ねこさん
あいまいだね。。
エス子
エス子
わたしがブラック企業の見分け方をお伝えします!

ブラック企業の見分け方

入社する前に、面接や求人からブラック企業を見分ける方法をお伝えします。

間違ってブラック企業に入社して、無駄な時間を

求人が社員仲良し風アピール

私は仕事と私生活をキッチリ分けたいタイプです。

仕事以外の時間は、完全に私生活を楽しみたい。

求人を選ぶときに社員仲良し風アピールが強い会社は避けるべきです。

部活がある職場

部活に強制加入させる会社もあります。

大切な土日を、会社の人と過ごしていいんですか?

あなたが会社で出世したくてコネをつくりたいなら良いかもしれません。

それよりも自分のスキルを磨いた方が、どこにいっても通用する人材になり、

良い会社に出会えて年収もあがりますよ!

求人写真が仲良し青春風

「社員がすっごく仲良し!」これはあぶないです。

上司にとって、部下と仲良くなるとメリットしかありません。

物事を頼みやすくなるし、怒りやすくなるし、なんでも言いやすくなる。

上手くいっている会社は、仲良くなくても仕事が円滑にすすむんです。

仕事で過度に仲良くなる必要なんて、本当は無いんです。

飲み会が異常に多い

別Ver.で合宿が異常に多いも、コレに当てはまるとおもいます。

会社に依存させる文化を作り出している可能性が高いです。

私の二社目も安い給与、過酷な労働、高学歴の若い人材がボロ雑巾のように働いていました。

「学歴もよく賢い人たちなのに、なぜこんな最悪な労働条件で働いているのだろう?」

それは会社の仕組みにありました。

しょっちゅう上司が飲みに誘うのは勿論、飲み会は毎回会社からお手当てが出ているんですよね。

社員同士を情のクサリでつなぐんです。

「期待している」「会社は伸びる」「今は成長する機会だからふんばりどきである」

純粋な若い人材は、上司の言葉を真に受けてがんばるんですよね。

安い給与で・・・。

がんばりは給与として返ってくるべきです。

詰める文化がある

私が管理職になったときに、役員に言われました。

「いぬは、殴らなければどっちが強いかわからないだろ。

人間も同じだ。部下のことを詰めて自分の方が正しく上であることを認識させろ。

そしてたまに飲みに連れていき、褒めてやれ。アメちゃんあげなきゃ死ぬからな」

詰めるって簡単なんですよね。

「なんでやってないの?」「それ遅いよね。」「なんで?」

部下の一挙一動にこれ言っていたら、簡単に相手の心を折ることができます。

もちろん私には無理でした。

ありえない労働が美談として語られる

「朝6時に広島のクライアントから呼ばれたけれど、始発ではいけない。

前日の夜絶対に外せないアポがある。だから夜中にタクシーに乗って、大阪から広島に行って成約した」

「仕事でクライアントに迷惑をかけた。土砂降りの雨の中、社長を待つために会社の前に3時間居座って社長に会えて、契約を延長できた」

こんな話が朝礼のときに語られて、拍手されます。

私が本当に体験した話です。ほんとに。

どんな状況であっても成約する素晴らしい営業人材だとおもいます。

私が経営者ならば、絶対に手放しません。

ただ働く人間としてはどうでしょうか。

私は無理でした。

親族経営である

これは良い場合と悪い場合があります。

  • 悪い場合家族経営の企業は、経営者の身内にとってはよいのですが身内以外には冷遇される場合があります。中小規模の会社であれば、経営者の身内比率が高くなるので注意が必要です。特に身内だけ給与が高く、身内以外は著しく給与が低い場合があります。

    私も一社目は家族経営で、給与振り込みを担当していたのですが給与差に驚きました。

  • 良い場合規模が大きい会社で家族経営の場合は、盤石です。上場していると非常に顕著です。会社の株価を守るために、馬車馬にように働く親族経営者たちを数社みたことがあります。家族の絆ってつよいんですね。

    会社によっては、親族しか出世はできない可能性もありますが、

    ある程度規模が大きければ、給与も労働条件も安定しているとおもいます。

私も家族経営の会社で勤務したことがありますが、

出世できないのがわかりきったのと、ちょうど会社が傾いたころにヘッドハンティングのお話しをいただき、退職しました。

面接のときに、社長のことを尊敬する話をされる

一種の宗教的な企業もあります。

皆が社長を崇拝しているような企業。

心から本当に尊敬できるならばよいのです。

身を削ってついていけばよいのです。

ただ「社長みたいになりたい!」のであれば、それは難しいかもしれません。

社員に「尊敬される社長像」を見せているだけで実情は違います。

社員である以上、起業しなければ社長になれるわけがありません。

冷静に考えてください。社長みたいになりたいのであれば、社長になる必要がありますよね。

土日に自己研鑽として会社に来る人が褒められる

土日出勤ではありません。

あくまで自己研鑽として、出社しているので給与はでません。

「あんなに仕事して頑張っているな、お前はえらい」って周りに褒められる。

冷静になって-!!

あなたの人生の大切な時間を、無駄に消費してもよいのですか?

わたしは転職して本当によかったとおもっています。

希望年収が50万円アップして、

9時出社・17時出社のの仕事を得ることができました。

転職エージェントサイトに登録すると

あなたのことを求めている企業から、たくさんのスカウトメールがきます。

もちろん無料です。

いますぐに転職はかんがえていなくても、

スカウトメールには年収などの待遇ものっていますから、

自分の市場価値も把握できます。

まずは、登録してみましょう。

ほんの5分の登録で、いまの生活が豊かになるかもしれません!

【無料】エージェントに相談する