仕事で怒られるのが怖い人に読んでほしい。あなたの気持ちが軽くなる方法を伝えます

突然ですが私は誰かに注意されたり、怒られたりするのがとても苦手です。

若い時、一時期は人とうまく話せなくなった程です。

ただ、この「怒られるのが怖い」のを克服することができたので、お伝えしたい思います。

仕事で怒られるのが怖い

そもそも、怒られるのが得意な人は少ないと思います。

怒られることについてまとめました。

怒られたくない

人間だれしも怒られたくないのです。

逆に誰かを故意に怒りたくもないですよね。

平和が一番。

みんな仲良しが一番過ごしやすいです。

人間の怒られたくないという心理は、自分を守るための防御本能です。

幼少期に過剰に怒られたりして怖い記憶や嫌な記憶がたくさんあると余計に怒られたくないと思ってしまいます。

怒られたくないという心理は人間にとって自然なことです。

でも怒られることが悪ではありません。

時には怒られる必要もあるし、怒られているときに嫌だな、怒られたくないなと思うことも当然の反応です。

あなただけでなくてみんなが思っていることです。

怒られるのが怖い理由

怒られるのが怖いと感じてしまうのには理由があります。

怒られていること自体に攻撃されていると感じてしまうからです。

上司が自分のためを思って助言をしてくれている場合でも怖さが大きいと何も内容が入ってこないですよね。

空気感や言葉に怖いと感じても、怒られているイコール攻撃・否定されている訳ではないのです。

あなたのほんの一部について注意しているだけなので、嫌われてしまったとか自分を否定されたと思う必要はありません。

それを意識するだけでも自分を守ることにつながります。

落ち込みすぎないでください。

仕事がストレスになる原因

日常生活の様々な刺激からストレスを受けていますが、起きている時間のほとんどを仕事に使うことから仕事のストレスの割合が多くなります。

仕事の人間関係は密接だし気を使う場面が多いです。

そもそも朝早く起きて夜遅く帰ってくる生活がストレスになっているかもしれません。

朝がつらい人は出勤時間が遅い会社のほうが自分の生活にあっていますよね。

なるべく自分の生活に合った仕事ができるとストレスも少なくなります。

仕事のストレスで受ける影響

仕事のストレスで受ける影響について書いていきます。

多くの人が悩んでいるのが不眠です。

昨日怒られてしまった…とか、苦手なあの人と明日も会うの辛いな、とか。

ついつい考えてしまって夜眠れない。

しっかり眠れないと次の日の仕事がつらいですよね。

精神的にちょっと疲れているのに眠れないとなると生活すること自体しんどいです。

不眠は癖になってしまうし、ひどくなると治るまで大変です。

自然に眠れるようになるまで時間がかかります。

眠れないくらい仕事のことについて考えてしまう人は一度休むことや、転職も考えてみましょう。

見出し3 怒られた時の対応

怒られることが苦手な人のために対処法や怒りを交わす方法を調べました。

小見出し 怒られたときの対処法

怒られているときにはなるべく早く解放されたいですよね。

こっちもイライラして言い返したりすると大変です。

相手の怒りが早く収まる対処法を紹介します。

まずは謝ること。

自分がすべて悪くなくても相手より先に謝りましょう。

上司にその姿勢が伝われば違うミスの時にフォローしてくれるかもしれません。

相手の言い分を反論せずに聞く。

たとえ相手が間違っていてもここはこらえてください。

聞いている風でもいいのです。

大切なのは相手に誠意が伝わることです。

怒られた自分を労わりましょう。

怒られることはしょうがないことです。

自分を責めないでください。

みんなも怒られています。

今回はたまたま自分だったのです。

そのくらいの軽い気持ちを持ちましょう。

悔しさや悲しさが我慢できないときはトイレなどで一人になり落ち着きましょう。

小見出し 怒りをうまく交わす方法

怒られたときの怖かった、嫌だったという感情を自分の中でプラスな感情に変えてみましょう。

根にもたない
怒られたことってずっと覚えていて忘れたくても忘れられないかもしれません。

でもずっと根に持っていると自分の心に悪影響を及ぼします。

自分のためにも、一度反省したら気にしないようにしましょう。

自己肯定感を高める
怒られたことは悪いことではないし、恥ずかしいことでもないです。

人間にとって必要なこと。

怒られた後も頑張った、怒られるくらい見ててもらえた、と自分をほめましょう。

みんなに挨拶したり、しっかり謝ったこともたくさん褒めてください。

怒られた自分を認めて労わることが大切です。

怒られているを自分の成長と置き換える
怒られているときは、わー帰ってしまいたい!泣きそう!と思いますがその一連を、自分めっちゃ成長してる!と思ってみましょう。

たとえ怒られても自分は頑張っているのです。

すごいぞ自分!と意識して思いましょう。

教育制度が手厚い会社

色々な教育制度がある会社だときちんと怒ってくれたり褒めてくれたりしそう…そんな会社を調べました。

未経験者が多い会社

教育制度がある会社は未経験者を自社で育てる環境がそろっているので安心感がありますね。

そういう会社には中途採用も多いです。

自分のほかにも未経験者がいると心強いですね。

人柄重視で採用してくれる会社などは資格がなくてもチャンスがあるので挑戦しやすいです。

またこれから新しい店舗が増えるとか、事業を拡大する会社は積極的に未経験者を採用してくれます。

ただ未経験者で誰でも良いわけではないので会社の雰囲気と自分が合っているか確認したり、新しい会社で活かせる強みを考えてみましょう。

小見出し フォロー体制が整っている会社

怒られても誰かに相談できたり、フォローしてくれる先輩や同期がいるとまたやる気が出やすいと思います。

フォロー体制が整っている会社を調べました。

転職時の参考になります。

こちらは人材教育にちからを入れている会社のランキングです。

業種別ではなく会社名ですが、どんな会社が教育に手厚いのか参考にしてください。

転職を考える際にランキングの情報を見ると色々なことがわかるのでひとつの手段にしてくださいね。