内定

転職で内定後に迷った時の、6つの対策!-転職4回の筆者が語る極意

転職内定後に悩む

転職活動、内定をもらったはいいけどどのような基準で選べばいいか迷いますよね。

とりあえずなんとなく面接は通ってきたけど、何が何やらわからなく内定をもらってしまった経験、どなたもありますよね。

全部良い企業に見えてきたり、全部ウソなんじゃないかって感じてしまったり。

今回はそんな方に内定が出て迷ってしまった際の対策などを書いていきます。

転職は、しっかり考えて行えば就業環境改善や年収アップなど、良い事ずくしなので是非参考にしてみて下さいね。

内定が出た際に迷ってしまう原因とは

転職で迷ってしまう時の原因として、「転職先に求める事のプライオリティがついていない」事があります。

誰だって年収アップは嬉しいですし。家から近い場所に勤務したい。良い職場環境の勤務先に勤めたいですし、楽しい仕事がしたい。

ただ、これらを一気に解消した事を自覚して入社するのはなかなか難しいんですね。
面接時点ではわからない事も多々ありますから。

内定一社目の企業とかは、他に良い会社があるんじゃないかな・・。ってどうしても感じてしまいますよね。

どうしても色々と目移りしてしまって、内定後にいざ入社しようと思うと何故か他の求人が気になる事ってありますよね。

内定承諾後の辞退は避けたいものですね。

せっかくの優良企業も逃してしまう事にあるので、注意が必要ですね。

内定を頂いた企業に行くかどうか迷わないように、「転職先に求める事」「転職活動で成し遂げたい事」のプライオリティはしっかりと見定めていきましょう。

いくつも内定をもらっても困らない転職活動っていいですよね。

今回は私が行った6つの対策をご紹介していきます。

転職-内定後に迷う
内定ゲットでも迷いが・・・。転職する際に考えるべき5つのこと今の環境を変えたくて、一生懸命転職活動をした結果ようやく得られた「内定」! しかし、いざ「内定」が出ると突然不安に駆られてしまう・・・...

対策1:不満(希望)に感じたポイントを洗い出してみる

対策としては、まず自分の希望を全て書き出す事ですね。

もうこれでもかというほど書き出しましょう。

難しく感じるかもしれませんが、こちらはかなり簡単です。

「希望」って「不満」の裏返しですので、今の会社で不満だったポイントを列挙していけばそれが希望条件になります。

かなりの量が出てくるまでひたすら挙げてみましょう。
私はこれで20個ほど出てきました。

「これは無理かもしれない」と思うような事でも構いません。

全て書き出しましょう。

対策2:ガマン出来る不満、ガマンできない不満をカテゴライズする。

もうこれ以上ワガママ出てこないってくらい希望条件を出したら、次はその希望条件を2つに分けます。

「ガマンできる」「ガマンできない」の2つですね。

「必ず」解消したい不満なのか、「できれば」解消したい不満なのか。に分けましょう。
この作業は葛藤するかと思いますが、転職の成功、失敗の分かれ目なので自分に正直に行いましょう。

ここでは、転職市場とかけ離れていても問題ないです。

「こんな求人ないだろうなあ」という内容でも構いませんので、一度仕分けをしましょう。
不満を仕分けたら、それを〇〇したいといった具合に希望条件風に転記しておくと次からの作業がスムーズです。

対策3:対策2の理由を見つける。

ガマンできるかどうかの可否を分けたら、次はその事柄の理由を考えましょう。
自己分析ですね。

「なぜ年収600万円以上ほしいのか。」

「なぜ自宅から30分圏内がいいのか。」

などですね。

ここでの注意点は、きちんと自問自答する事ですね。例を挙げておきますね。

Q:「なぜ年収600万円ほしいのか」

A:「高い方がいいから。」
A:「無理せず年間300万円貯金したいから。(生活費が年間300万円ほどかかるため)」

悪い例は、年収が「高ければいくらでも良い」という認識になってしまっていて、このまま転職活動をしてしまうと、年収が高い求人だけが目にとめる事になり、迷ってしまう原因となります。

上記の例で言うと、「600万円以上ほしいのか。」「600万円でいいのか。」が曖昧であり、迷ってしまう要因となります。

「年収が高い」という希望の中でさらに差別化を行えるよう、繰り返し自問自答しましょう。

対策4:さらに理由を掘り下げる。

先ほどの年収に関しての自問自答例で、無理せず年間300万円貯金したいから。

という例を出しましたが、こちらについても理由を掘り下げます。

「なぜ年間300万円貯金をしたいのか」という事ですね。

ここまで行うと“不満→希望→動機付け”の流れができますので、しっかりと「行動」に移せますね。

私の場合、全て動機付けが出来るまで考え尽くしましたが、結構大変でした。ですが一回考えると自分の中での軸が形成されるので、その後の行動であまり迷わなくなりましたね。

転職活動のストレス
転職活動中はストレスがいっぱい!転職4回経験者が語る、前向きに取り組むコツ転職活動中はストレスがいっぱい!就活に前向きに取り組むためには 転職活動中は、意外にストレスに悩まされることをご存知でしょうか。仕...

対策5:自分の希望と市況を照らし合わせてみる。

次に、自分の希望と市況を照らし合わせましょう。
内定が出た企業でもいいですね。

自分の希望が達成する求人があるのかどうかです。
また、内定先は自分の希望、不満がどこまで改善される起業であるかどうか。という事を考えましょう。

ガマンできない不満を改善できるかどうかが焦点になるはずです。

複数内定をもらっていた際の考え方も容易ですね。

自分の不満がいくつ改善されるのか。という部分をしっかり見ましょう。

内定後、企業担当者にヒアリングしてみてもいいですね。

近い将来自分が勤務する会社かもしれないので、不躾にならないよう、質問の気を付けましょう。

転職-後悔
【完全版】絶対に後悔しない転職の方法-人材業界の本音をズバリお伝えしますあなたは自分のキャリアや職場環境に納得いっていますか。 入社前にイメージしていた働き方はできていますか。 100%YESと言...

対策6:全く改善される見込みがない不満の場合の考え方(希望が高すぎる場合)

自分の希望を列挙した際、あまりにも率直に書きすぎて市場とかけ離れる場合があります。
「年収1億円で働きたくない」などですね。

かなり極端な例ですが、希望って本来そういうものですよね。

実はこのような希望って非常に重要なんです。長期的な目標になるからですね。

長期的な目標を達成するために、せっかくなのでスタートラインの準備を行いましょう。
方法は下記です。

  1. 自分の希望が達成している状態の人を見つける
  2. 自分とその人の違いを挙げる。
  3. その人に近づくために、自分は何をすればいいのかを考える。(達成している人は何をしてきたのかを調べる)

この3つを行った際、内定先の企業が長期的な目標の通過点になるかどうかが必ず判断できるはずです。

最後に

転職で内定が出るって嬉しい事なのですが、いざ入社するとなると怖い面もありますよね。

今回の対策をまとめると下記のようになります。

要約リスト

対策1:不満(希望)に感じたポイントを洗い出してみる
対策2:ガマン出来る不満、ガマンできない不満をカテゴライズする。
対策3:対策2の理由を見つける。
対策4:さらに理由を掘り下げる。
対策5:自分の希望と市況を照らし合わせてみる。
対策6:全く改善される見込みがない不満の場合の考え方

これらを行うと自分の重視している事が明確にわかるので、その後の行動の指針にもなります。
転職時、内定をもらって迷ってしまった方は一度是非考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までご覧頂き有難うございました。

もし複数の内定で迷っているのであれば、下記をご一読くださいね!

転職エージェントで複数の内定で年収アップ
転職時、複数の内定は年収アップのチャンス!?-転職4回体験談私は転職エージェントを3社使い、計6社の内定をいただきました。 最初に出会ったエージェントが、こんなアドバイスをくれました。 ...
関連記事