仕事に行きたくない人へ-毎日5分で簡単にテンションが上がるメソッド

仕事に行きたくない
ねこさん
ねこさん
はぁー、ふぅー・・・。(ため息)
エス子
エス子
ため息ばっかりついてどうしたの?
ねこさん
ねこさん
仕事に行きたくないんだよ・・・。

あなたも『はぁー』『ふぅー』と、毎朝、会社に行く前に、「ため息」をついていませんか?

人間の脳は、嫌なことがあると防御反応で、「ため息」をついて自身を守る作用が働きます。「ため息」を、ネガティブなものとしてだけ受け取るのは、『もったいない』です。

「ため息」は、自身のココロのメッセージをうけとるサインです。

今回ご紹介するメソッドは、そんな辛いと感じる「ココロ」の処方箋としてお試し下さい。とてもシンプルで簡単なメソッドです。

仕事に対して、「不安」「悩み」「迷い」は少なからず誰もが、もちあわせている感情です。

職場の人間関係、賃金、職場環境、仕事内容等々それぞれ思い通りにいかないことが多々あり会社へ行くことに、躊躇してしまいます。

エス子
エス子
この感情と上手に付き合い、前に進みましょう。

 

この記事を書いた人
エス子
クビ、ヘッドハンティングなどで転職4回、5社を経験。
性別:女
年齢:30代前半
年収:700万円程
勤務先:東証一部上場企業
学歴:偏差値50ちょいの大学卒
詳しいプロフィールはこちらから!

そもそも仕事にいきたくない理由って何?

仕事に行きたくない理由は様々ありますよね。

「人間関係」、「いじめ」、「パワハラ」、「セクハラ」、「人事評価」、「体調不良」、「天候」、「仕事内容/マンネリ」、「給与が安い」、「過酷な労働環境」、「昇給昇格」、「長時間労働」、「将来性」、「成長性」上げればキリがなく、漠然とした不安など・・・

様々な理由で、モチベーションが下がり、仕事に行きたくない気持ちが生まれます。

特に職場では、人間関係の問題が、約8割といわれています。

人間関係がいやで仕事に行きたくない
仕事に行きたくない原因が人間関係のとき-転職4回の体験談ヘッドハンティング、クビ、ブラック企業を経て、東証一部のホワイト企業に勤務する筆者の、「人間関係が原因で仕事に行きたくない」ときの対処法です...

仕事にいきたくない気持ちを放置しない

「仕事にいきたくない」という自分の気持ちに我慢し、見過ごしたままにしていると、更なる負の連鎖を引き起こします。

ミスが頻発し、それが引き金で信頼関係や自信を失い、評価も給与も下がります。正に負のスパイラルです。

この連鎖に入ると抜け出すのも相当な時間と努力が必要です。

エス子
エス子
「仕事に行きたくない」、次の項では気持ちをコントロールする方法をお伝えします!

仕事に行きたくないときの、心の向き合い方

自分の気持ちをコントロールできると、「仕事に行きたくない」気持ちに打ち勝つことができます。

勝手にテンションが『上がる』状態を作り出すことが、重要です。

テンションが『上がる』と、『上げる』では、全然違います。

テンションを「上げる」とは?

いわゆる外的要因により、一時的に悩みを解消する対処療法です。

例えば、好きな音楽を聴いたり、運動したり、美味しいものを食べたり、好きなことをすることで嫌なことを一時的に忘れさせたり、麻痺させたり、変換させることです。

エス子
エス子
自分で自分を奮い立たせて、麻痺させるってことだよね

テンションが「上がる」とは?

「上がる」は内面的要因により気持ちが上がるので、能動的で且つ持続します。

そして「その行為自体」が、努力や頑張りという意味合いでなくなるので、その行為をすること自体が楽しくなります。

エス子
エス子
楽しいことなら、テンションが上がるから苦じゃなくなるよね

今回のメソッドは、「上がる」にフォーカスした内面的要因にアプローチするメソッドのご提案です!

仕事に行きたくないのは甘えじゃない
仕事に行きたくないのは、甘えではない-転職4回の体験談仕事に行きたくないのは、甘えではありません。転職4回の30代前半の体験談。 「仕事に行きたくない」のは、心の悲鳴です。心と体を壊す前に、ちゃんとケアしてあげましょうね。...

仕事に行きたくなる!?簡単4つのメソッド

仕事をしているとテンションが「上がる」、そんな状態になると「仕事に行きたくない」気持ちは無くなりますよ。

私が意識している4つのメソッドをご紹介します!

1.学びつづける

成功している人は、学びつづけています。

常に疑問をもち、好奇心をもちつづけているのです。

まずは5分、勉強や読書にあてるようにしてください。

最初は電車の中で5分だけ興味があるツイッターで情報収集なんかで十分です。

まずは続けることを意識してくださいね。

ことで嫌なことを一時的に忘れさせたり、麻痺させたり、変換させることです。

エス子
エス子
私も電車の通勤時間中に、WEB系ニュースに目を通すのが日課です

多くの学びは、人生の質を大きく向上させますよ。

2.感謝する

今日良かったことを思い出してください。

そしてその良かったことに、「感謝」してください。

良かったことは、「天気がよかった」「ごはんが美味しい」とか身近に起きる些細なことです。

毎日、小さな幸せに感謝することで、あなたの人生は、これから劇的にかわることでしょう。

幸せとはなるものではなく、気づくものです。

今日から毎日1個ずつ感謝をスマホにメモしたり、ツイッターで呟くでもよいと思います。

エス子
エス子
「幸せ」にアンテナを張って、「幸せ」を実感することが大切です!

3.ありがとう

苦しい時期は、自己信頼感よりも「自分に対して思いやり」の気持ちを持つほうが効果的です。

エス子
エス子
自分ならできる!って思うより、自分いつもがんばってるな、自分えらい!と思ってあげることです。

自身に「ありがとう」という優しい言葉をかけてください。

自己否定からは何も生まれません。自身の頑張りに感謝してくださいね。

4.笑う

最近笑っていますか?

笑う門には福来る。古くから笑いと幸はお隣同志でとても仲がいいですよね。

お笑い神事という祭事が、毎年年末に枚岡神社で行われています。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなっていく神事です。

笑いの力ってすごいです。幸せを運んでくる誰でもできる簡単な武器です。

困難な時ほど笑ってくださいね。

エス子
エス子
お笑い神事は、宮司先導で「わっはっはー」と練り歩く素敵なお祭り。行ってみたいなぁ

出展:宮司の先導で20分大笑い-東大阪・枚岡神社で「お笑い神事」

5.瞑想する

ゆっくりと背筋を伸ばして、目をとじてください。

そして鼻からゆっくりと、深く大きく息を吸ってください。

そしてゆっくり、大きく、口から息を吐いてください。

無になることはとても難しいですよね。雑念はわいてきます。

しかし瞑想することで心を休息させることはできます。

毎日5分だけでいいから、マインドフルネス状態で「心の休憩」をいれてください。

仕事の捉え方で、仕事に行きたくない気持ちを改善

最後に、仕事の捉え方で「仕事に行きたくない」気持ちを根本から改善する方法をお伝えします。

人は、仕事を下記のどれかとして捉えています。

  • 「労働」
  • 「仕事」
  • 「志事」

仕事を『労働』と捉えている人

仕事を基本的に退屈なものと感じています。充足感よりも金銭的な報酬に関心が置かれています。

朝、会社に行くのは「仕事に行きたいから」ではなく「仕事に行かなければいけないから」です。

仕事を『仕事』と捉えている人

お金や昇進といった外的要因や名誉を獲得することが主な動機になっています。

多くの方が、仕事の動機に当たるところです。

仕事を『志事』と感じている人

働くこと自体が目的です。

自己の成長や向上は勿論「誰かの為」といった高い次元で仕事を捉えているため、

内的動機付けが高いので、基本的にテンションの浮き沈みがありません。

毎日5分のメソッドを行うことで、日頃の行動や習慣や考え方の変化がおき、

きっと仕事の捉え方や人との関係性も変わってくるでしょう。

内的動機付けが高い状態で転職をすると、本当の意味で天職に巡り合えます。

是非とも「自身のココロの在り方」に意識をフォーカスしてください。

仕事に行きたくない人へ

天職と聞いても、自分に向いている仕事はなかなかわかりませんよね。

わたしも4回の転職を経て、ようやく自分が好きで心地よい職場に巡り合うことができました。

もし「仕事に行きたくない」と思ってるならば、一度、転職エージェントに相談してみてください。

エス子
エス子
私もエージェントには大変お世話になりました。

「仕事に行きたくない」気持ちは、職場や職種とあなたの相性が悪い可能性が高いです。

彼らは月に何十人、何百人もの求職者を転職させている、いわば転職のプロフェッショナルです。

社風や雰囲気に合う仕事や、

自分の経歴で活かせる武器を教えてくれたり、

自分が本当にやりたいことを、ヒアリングし引き出してくれます。

たった1回の相談で、あなたの人生が変わるかもしれません。

このページを閉じる前に、登録してください。一歩踏み出してくださいね。

【無料】エージェントに相談する

エージェントが親身になってくれるのは、
転職者の年収の約20%が、転職エージェントの利益となるためです。

利用者はエージェントのサービス料は一切発生しません。

転職者がエージェントが紹介した会社を1年以内に辞めると、利益を返金しなければなりません。

転職者が入社前にイメージしていた社風とのミスマッチを起こさないように、
細心の注意をはらいながら、一緒に転職活動を支援してくれますよ!