仕事に行きたくない

仕事を辞め時のサイン-20代で退職した時の体験談

仕事の辞め時サイン-20代転職経験談

仕事のやめ時には、心身にサインが出ていることをご存知ですか?

私はブラック企業を数社勤務し、4回の転職を経験しています。

同僚で心を壊してしまった人もいますし、私も体を壊しました。

仕事の辞め時に表れるサインをご紹介します。

心身ともに限界を迎える前に、自分を見つめなおしてくださいね。

 

エス子
クビ、ヘッドハンティングなどで転職4回、5社を経験。
性別:女
年齢:30代前半
年収:700万円程
勤務先:東証一部上場企業
学歴:偏差値50ちょいの大学卒
詳しいプロフィールはこちらから!
ブラック企業での労働環境は、今思えば本当にひどかったです。
  • 客先からの無茶な要求
  • やってもやっても終わりが見えない作業
  • 次々と出社しなくなる同僚たち
  • 毎日響いてくる上司の怒鳴り声
  • 強制される休日出勤

毎日毎日、睡眠時間3時間の朦朧とした頭で電車に乗って終電で家に帰る。

やっと迎えた休みも、電話が入って急遽出勤…。

会社に向かう電車を待つプラットフォームで「今ここで横になりたい。」、「病気にならないかな。」と願った事は数知れず。

それでも仕事だから、私がやらないで誰がやる?と私は毎日無理をして出勤していました。

でも知らず知らずのうちに、身体に大きな負担をかけて最終的には、胃腸炎と胃潰瘍を併発して退職せざる得ない状態になりました。

ブラック企業の見分け方
ブラック企業の見分け方-転職で失敗しない方法私は20代に4度転職をしています。 うち3社がブラック企業でした・・・。 今は一部上場のホワイト企業に転職を果たし、本当に幸せです。...

仕事の辞め時サイン

仕事の辞め時に、私が体に表れたサインをご紹介します。

もしこの症状があらわれていたら要注意です!

蕁麻疹がでる

ストレスが溜まりに溜まると最初に自立神経が乱れます。そして強いかゆみを伴った赤い膨らみが体中に広がります。

私の場合は、本当にある日突然でした。

すごくかゆくてかゆくて我慢が出来なくなり、病院を受診すると過度のストレスが原因と診断されました。その時、初めて「あぁ、ストレスが溜まっていたんだ。」と気が付く事が出来ました。

上司とのやり取り・人間関係・ノルマ、ストレスの原因はさまざまな事が考えられましたが、少しずつ自分の環境を良くしようとストレス解消に向け取り組みました。

結局在職中は蕁麻疹が消えることはありませんでした。

些細なことでイラつく

蕁麻疹は薬で少しずつ良くなって来たものの、今度は些細な事でイラつくようになってしまいました。

上司の言うことすべてが受け入れられなくて、反抗して…。

自分の事しか考えられない状態が続いていました。

「何でそんなこと言うの?無理に決まってるじゃん、自分でやれよ!」なんて頭の中で上司を罵倒する日々。

落ち着いて考える事が出来ず、毎日眉間にしわが寄って、脳が張り詰めている状態がずっと続いていました。

無気力・無表情

  • 頭がぼーっとして何も考えられない
  • やる気がおきない
  • 急に涙が出てくる
  • 笑えない

こんな症状が出たら要注意!

心が壊れかける一歩手前、いっぱいいっぱいの状態です。

考えるのが無駄って思ってしまうんですよね。

そして何もする気が起きない。かと思えば急に涙が出てきて…。

自分で自分の気持ちのコントロールが出来なくなってしまいました。

そして家族と話していても「あんた目が笑ってないけど大丈夫?」と心配されることも。

私ではもう自分が今どんな状況なのか分からない状態。

末期でした。家族の“もう無理をしなくて良い、会社を休め”の一声に大泣きして、そしてじっくりと自分を見つめなおすことが出来ました。

家族の気にかけがなかったら、今頃自分はどうなっていたんだろうと考えるとゾッとします。あなたも取り返しのつかなくなる前に今一度自分と向き合ってみてください。

仕事が限界のサイン
仕事が限界のときのサインを知る-真面目なあなたに読んでほしい仕事が限界の「サイン」と、対策についてお伝えします。 30歳前半、転職4回の女WEBマーケターの経験談。ブラック企業、クビを経て、現在はホワイト企業に勤務しています。 仕事が限界のときに「サイン」は必ずあらわれます。とても真面目なあなただからこそ、限界の「サイン」に気づかずに仕事をし続けているかもしれません!...

仕事を辞める前に、ストレスと向き合う

すぐに仕事を辞めるのは、現実的に難しい人も多いと思います。

まずは、ストレスを軽減する方法を試してみてください。

過酷な労働環境と人間関係によるストレスで溢れている状態を放置しておくと、どんどんネガティブ思考になり、負の連鎖がはじまります。

症状が軽いうちに自分なりのストレスとの向き合い方を見つけてあげてくださいね。

ここでは私が行っていたささやかなストレス解消方法をご紹介します。

深呼吸

実は呼吸がストレス解消に大きな役割を持っている事を知っていましたか?

深呼吸をして大きく息を吸ってゆっくりと息を吐ききる事で全身の緊張がゆるみ、身体が落ち着きます。その結果、広い視野をもって考える事が出来ますよ。

私は上司や顧客からの無茶な要求に思わずカッとなってしまったときは必ず、深呼吸をするようにしていました。

ゆっくりと心を整える事で、自分の言いたい事がまとまり、落ち着いて自分の意見を述べられるようになりました。

イラついている感情のままだと一方の事しか考えられず、結論が出ません。

その結果余計にイライラして、しまいには爆発してしまいます。

でも深呼吸を意識してひと呼吸おくことで、なぜそのようになったのか相手の立場も考えられるようになり、物事の円滑化にも繋がりますよ。

植物を愛でる

私は会社のデスクに小さな鉢植えを置いて、行き詰ったとき・イライラしたとき見るようにしていました。

すると、ふわっとその時の感情が緩み、優しい気持ちを保つことができます。

お花が咲いているのを見ると癒されますし、気持ちが安定するのでとってもおすすめです!

発散場所を作る

家と仕事の行き来だけになっていませんか?真面目なあなたは仕事に全力投球!

とてもすごい事だと思います。でも一回息抜きすることも大切。

気の許す友人に愚痴を言ったり、カラオケに行って大声で歌ったり、あなたが夢中になれる事だったら何だってかまいません。

大事なことは、仕事の事は忘れてその時だけを考えること。そして楽しむことです。

何かをしていても頭の中に仕事の事が浮かんでいるようだったら、それは本当にリラックスできていない証拠。

張り詰めている頭を解放させてあげられるような環境をつくってあげてくださいね。

ストレスの根本から解決を

どれをやっても上手くいかなかったら、何も変わらなかったらストレスを根本から解消する必要があります。

職場環境を変えるために一度上司に相談してみてはいかがでしょうか。

気遣いのできる優しいあなたは「上司に面倒をかけてはいけない、上司も大変だから。」と思ってはいませんか?

直属の上司がダメなら、さらにその上の上司、それでもダメならさらにその上の上の上司。

私の場合は、直属の上司には全く相手にされませんでしたが、幸いなことに部長が親身になって話を聞いてくれて、転職の相談にも乗ってくださいました。

エス子
エス子
20代の退職時は、唯一相談できる人がこの部長でした。

「お前何て使えない、どこに行っても無駄だ。」という上司ばかりではありません。

同じ厳しい環境で働く仲間同士だからこそ分かってくれる方もいます。

言わなければ伝わらない事だってあります。誰かに“助けて”のサインを出すことも大切ですよ。

もしそれでもダメだったら、何も変わらなかったら、仕事を辞めましょう。

転職する勇気がでない
転職する勇気がでない人へ言いたい。-30代のジョブホッパーが物申す転職する勇気がでない人に言いたい。 今のままで本当に良いのですか? きっとこのページを見ているあなたは、転職がしたいけど勇気...

仕事の限界を

毎日毎日、行きたくもない仕事をして頑張って頑張って本当にすごいことだと思います。

でも本当に自分のことを考えられていますか?

ストレスに耐えながら、身体が出すSOSのサインに無視しながら、働き続けることが素晴らしいことではありません。

そして仕事を辞めることが恥ずべきことでもありません。

私は転職を決意してから、気が楽になりました。今度は何をしよう?

自分が持っている力を生かせる場は何だろう?

と次への事を考えていたら、少しだけ前向きに仕事に取り組むことができるようになりました。

働きながらの転職は、時間の確保が難しく中々思うように進みません。いっぱい挫折もします。

それでもあなたを必要としている会社はきっとあるはずです。

一歩踏み出す勇気を持って見てはいかがでしょうか?

【無料】エージェントに相談する

関連記事