ストレスが限界に達したときに現れるサイン・症状と対処法-ブラック企業の経験談

ストレスが限界-ブラック企業

こんにちは、エス子です。

本日はストレスが限界に達した時に現れるサインと、症状をお伝えします。

これを書いた人
エス子

クビ、ヘッドハンティングなどで転職4回、5社を経験。

性別:女
年齢:30代前半
居住地:東京23区
年収:700万円程+副業
勤務先:東証一部上場企業
学歴:偏差値50ちょいの大学卒
詳しいプロフィールはこちらから!

ストレスが限界に達したときに現れるサイン(症状)

誰しもがストレスを感じながら生きている、日本。

「周りが頑張っているから、自分も頑張らないと??」

と、くじけそうな自分の心に鞭打って今日もストレス社会で戦っていることと思います。

しかし、個人個人のストレス耐性は同じではありません。

中にはすでにストレスが限界を迎えて、体が悲鳴を上げている人も。

そんな状況に陥る前に、体や心がが発するサインや症状を知っておきましょう。

涙が出る

心理状態を表す最も分かりやすいサインといえば、涙でしょう。

楽しいこと、悲しいことがあったときに涙を流した経験は誰しもあると思います。

もちろん、目が乾いているときにも出ますけどね。

しかし、特に思い当たる出来事がないにも関わらず、涙が出たら要注意です。

あなたが自覚していないだけですでに精神は限界を迎えている可能性があります。

どうして涙が出てしまったのか、思い当たる節があればいいのですが、

もし何も心当たりがないにもかかわらず涙が出てしまうようであればどうしようもありませんよね。

エス子
エス子
一度、自分の環境を見つめなおすことが必要になってくるでしょう。

極端に憂鬱になる

ストレスの蓄積の仕方は、ダムに似ているとよく言われます。

ある一定量まではストレスが蓄積しても何の問題もありません。

むしろ適切なストレスは生活にメリハリを与えるともいいます。

しかしその一定限度を超えると、ストレスを押し込めていた関は決壊し、大きな症状がでるものです。

このことから、ある時、急に気分が落ち込むようになったら要注意です。

日頃から、なんとなく憂鬱な気持ちを感じている人はいるかもしれませんが、急激に悪化したということは許容量を超えてしまっているのでしょう。

一度、決壊した心はなかなかもとには戻りません。

こうなってしまう前に対処する方法も後述します。

限界症状が出た際の対処法

それでは、もしストレスが限界を迎えて症状が現れたらどのようにすればよいのでしょうか。

事後の対処法について書いていきます。

気分転換

一番はストレスを忘れてしまえるように気分転換をすることでしょう。

ずっとほしかったブランド品を買うもよし。

ちょっと遠出してみるもよし。

仕事で疲れていたとしても、ほんのちょっとのエネルギーを発揮していつものと違うことをやってみましょう。

それが継続すれば立派な趣味です。

仕事がつらくても、趣味が充実していれば意外となんとかなるものですから、思いっきり時間とお金を贅沢に使って遊んでみることも大切です。

ストレスから離れる

これは大きな決断力が必要ですが、ストレスの原因になっている仕事、学校、コミュニティから離れてみると気持ちが楽になるケースは多いです。

責任感が強い人は、自分がいなれけば誰かが困ると思ってしまってなかなか行動に移せないですが、ストレスで自分の首が回らなくなってしまっては元も子もありません。

だって、自分が困ってしまっているのですから。

冒頭でも書かせていただきましたが、個人個人でストレスの許容量は異なっています。

「同じ環境の同僚・友人が苦労しているから自分もがんばらなければ」といった相対的な判断ではなく、自分がストレスを感じているかいないかで判断するべきでしょう。

それに「大変だ、大変だ」と仲間内で口にする人に限って、現状に満足しているものですよ。

医療機関での診療

こちらも勇気がいる決断です。

周りの目や、自分のストレスの程度がわからずに遠慮しまいがちです。

しかし、診療を受けたほうがいいかもしれないと思った時点で、あなたの心は限界寸前です。

それに、お金を払って診療に行くわけですから何も気にする必要はありません。

以上の三つを総括して言えることは、ストレスを感じながら生活することを頑張るのではなく、環境を変える努力こそ大切だということです。

ストレスが限界に達する前にできること

事後の対処法をお話ししましたが、今度はストレスが限界になる前の予防策についてまとめていきます。

取り返しのつかないことになってしまう前の予防は何事においても大切です。

ストレスの原因を取り除く

そのストレスは回避不能なものですか?もし可能ならば、ストレスの原因(ストレッサー)を取り除いてみましょう。

職場の同僚のことが苦手なら、極力かかわらないようする。

仕事が多すぎて辛いなら、仕事を減らしてもらえるように掛け合ってみる。

無理に適応しようとするのではなく、それらと距離を置いたり、逃げたりしてしまうのも一つの方法です。

もちろん、「そんなことできるか! プライドがあるんだ!!」

という場合もありますが一番大切なのは健全な心ではないでしょうか。

人と積極的に会話する

こちらも大切です。

ストレスを限界まで抱え込んで爆発してしまう人の特徴は、誰にも相談しないということです。

自分一人で考えていても何も解決しません。

なぜなら、人間が悩むのは自分の中で問題を解決する材料が足りていないためだからです。

それでも無理に答えを探そうとすると言い知れぬ虚無感や絶望感に襲われることがあります。

それより、人と積極的に会話することを意識しましょう。

友人や恋人に愚痴を聞いてもらうと意外な解決策が見つかることがあります。

そういったことを無駄に思われる方もいるかもしれませんが、人間は他人に話を聞いてもらって同調してもらうというだけで心が安らぐものです。

とりあえず信頼できる仲間に思いの丈をぶつけてみるのもいいでしょう。

ストレスフリーな考え方を身に着ける

かくいう私も限界状態にまでなった経験があります。

ミスを責められ、フォローしてくれませんでした。

それでも、家計が厳しく仕事を辞めるわけにはいかなかった私は悩みを一人で抱え込んでいました。

当然、何も解決することはなくあのときは毎日がとても苦しかったのを覚えています。

しかし、ある時に友人とカフェで話をしているときにふと涙が止まらなくなったのです。

そのとき心配に思ってくれた友人にすべてを打ち明けると、リクナビエージェントを紹介してくれました。

リクナビエージェント経由でみつけた仕事では、とても周りによくしていただき、大変お世話になりました。

今では、どうして自分一人で考え込んでいたのだろうとばかばかしく感じています。

そこで心を持ち直した私は現在、多少のストレスがあっても自分を成長させてくれるものだと思って働くようにしています。

一度、ストレスから離れてみるといろいろと見えるようになるものですね。

ここまでストレスが限界に達したときにどうするべきかに加えて、そうならないためにどうするべきかを説明してきました。

もしこの記事を読んで、自分の体が発しているサインに気が付くことができたなら幸いです。

あるいは、ストレスが溜まらないような生活を意識していただけましたでしょうか。

繰り返しになりますが、自分にあった環境を作る努力は大切だという視点も持っていただければと思います。

最後に

本当にストレスが限界で、心身に症状が表れているのであれば「転職」もおすすめです。

私自身、転職をして本当に救われました。

chat face=”1153561.jpg” name=”エス子” align=”left” border=”red” bg=”none”]一人でも多くの人が、ストレスで限界を迎える前、幸せな仕事環境を得てほしいです[/chat]

エス子が使ったエージェントです。

ぜひ登録してみてください。

きっと沢山の企業から、スカウトメールがたくさんあなたの元に送られてきます。

たった5分の登録で、あなたの人生の転機が訪れるかもしれません。

もちろん、登録は無料です。

いますぐに、転職しなくったっていいんです。

自分は社会に求められていることを、登録することでもう一度思い出してください。

きっとあなたの人生を変える一歩になります。

【無料】エージェントに相談する

 

 

【無料】エージェントに相談する

こんにちは、エス子です。

本日はストレスが限界に達した時に現れるサインと、症状をお伝えします。

これを書いた人
エス子
クビ、ヘッドハンティングなどで転職4回、5社を経験。
性別:女
年齢:30代前半
居住地:東京23区
年収:700万円程+副業
勤務先:東証一部上場企業
学歴:偏差値50ちょいの大学卒
詳しいプロフィールはこちらから!

ストレスが限界に達したときに現れるサイン(症状)

誰しもがストレスを感じながら生きている、日本。

「周りが頑張っているから、自分も頑張らないと⋯⋯」

と、くじけそうな自分の心に鞭打って今日もストレス社会で戦っていることと思います。

しかし、個人個人のストレス耐性は同じではありません。

中にはすでに限界を迎えて、体が悲鳴を上げている人も。

そんな状況に陥る前に、体が発するサインを知っておきましょう。

涙が出る

心理状態を表す最も分かりやすいサインといえば、涙でしょう。

楽しいこと、悲しいことがあったときに涙を流した経験は誰しもあると思います。

エス子
エス子
もちろん、目が乾いているときにも出ますけどね。笑

しかし、特に思い当たる出来事がないにも関わらず、涙が出たら要注意です。

あなたが自覚していないだけですでに精神は限界を迎えている可能性があります。

どうして涙が出てしまったのか、思い当たる節があればいいのですが、もし何も心当たりがないにもかかわらず涙が出てしまうようであればどうしようもありませんよね。

一度、自分の環境を見つめなおすことが必要になってくるでしょう。

極端に憂鬱になる

ストレスの蓄積の仕方は、ダムに似ているとよく言われます。

ある一定量まではストレスが蓄積しても何の問題もありません。むしろ適切なストレスは生活にメリハリを与えるともいいます。

しかしその一定限度を超えると、ストレスを押し込めていた関は決壊し、大きな症状がでるものです。

このことから、ある時、急に気分が落ち込むようになったら要注意です。日頃から、なんとなく憂鬱な気持ちを感じている人はいるかもしれませんが、急激に悪化したということは許容量を超えてしまっているのでしょう。

一度、決壊した心はなかなかもとには戻りません。こうなってしまう前に対処する方法も後述します。

限界症状が出た際の対処法

それでは、もしストレスが限界を迎えて症状が現れたらどのようにすればよいのでしょうか。

事後の対処法について書いていきます。

気分転換

一番はストレスを忘れてしまえるように気分転換をすることでしょう。

ずっとほしかったブランド品を買うもよし。

ちょっと遠出してみるもよし。

仕事で疲れていたとしても、ほんのちょっとのエネルギーを発揮していつものと違うことをやってみましょう。

それが継続すれば立派な趣味です。仕事がつらくても、趣味が充実していれば意外となんとかなるものですから、思いっきり時間とお金を贅沢に使って遊んでみることも大切です。

ストレスから離れる

これは大きな決断力が必要ですが、ストレスの原因になっている仕事、学校、コミュニティから離れてみると気持ちが楽になるケースは多いです。

責任感が強い人は、自分がいなれけば誰かが困ると思ってしまってなかなか行動に移せないですが、ストレスで自分の首が回らなくなってしまっては元も子もありません。
だって、自分が困ってしまっているのですから。

冒頭でも書かせていただきましたが、個人個人でストレスの許容量は異なっています。
「同じ環境の同僚・友人が苦労しているから自分もがんばらなければ」といった相対的な判断ではなく、自分がストレスを感じているかいないかで判断するべきでしょう。

それに「大変だ、大変だ」と仲間内で口にする人に限って、現状に満足しているものですよ。

医療機関での診療

こちらも勇気がいる決断です。周りの目や、自分のストレスの程度がわからずに遠慮しまいがちです。

しかし、診療を受けたほうがいいかもしれないと思った時点で、あなたの心は限界寸前です。それに、お金を払って診療に行くわけですから何も気にする必要はありません。

以上の三つを総括して言えることは、ストレスを感じながら生活することを頑張るのではなく、環境を変える努力こそ大切だということです。

ストレスが限界に達する前にできること

事後の対処法をお話ししましたが、今度はストレスが限界になる前の予防策についてまとめていきます。

取り返しのつかないことになってしまう前の予防は何事においても大切です。

ストレスの原因を取り除く

そのストレスは回避不能なものですか?もし可能ならば、ストレッサー(原因)を取り除いてみましょう。

職場の同僚のことが苦手なら、極力かかわらないようする。仕事が多すぎて辛いなら、仕事を減らしてもらえるように掛け合ってみる。

無理に適応しようとするのではなく、それらと距離を置いたり、逃げたりしてしまうのも一つの方法です。

もちろん、「そんなことできるか! プライドがあるんだ!!」という場合もありますが一番大切なのは健全な心ではないでしょうか。

人と積極的に会話する

こちらも大切です。ストレスを限界まで抱え込んで爆発してしまう人の特徴は、誰にも相談しないということです。

自分一人で考えていても何も解決しません。なぜなら、人間が悩むのは自分の中で問題を解決する材料が足りていないためだからです。

それでも無理に答えを探そうとすると言い知れぬ虚無感や絶望感に襲われることがあります。それより、友人や恋人に愚痴を聞いてもらうと意外な解決策が見つかることがあります。

そういったことを無駄に思われる方もいるかもしれませんが、人間は他人に話を聞いてもらって同調してもらうというだけで心が安らぐものです。

とりあえず信頼できる仲間に思いの丈をぶつけてみるのもいいでしょう。

ストレスフリーな考え方を身に着ける

かくいう私も限界状態にまでなった経験があります。
ミスを責められ、フォローしてくれませんでした。

それでも、家計が厳しく仕事を辞めるわけにはいかなかった私は悩みを一人で抱え込んでいました。当然、何も解決することはなくあのときは毎日がとても苦しかったのを覚えています。

しかし、ある時に友人とカフェで話をしているときにふと涙が止まらなくなったのです。そのとき心配に思ってくれた友人にすべてを打ち明けると、同じ条件で働ける他のアルバイトを紹介してくれました。

その先では非常によくしていただき、長い期間お世話になりました。今では、どうして自分一人で考え込んでいたのだろうとばかばかしく感じています。

そこで心を持ち直した私は現在、多少のストレスがあっても自分を成長させてくれるものだと思って働くようにしています。

一度、ストレスから離れてみるといろいろと見えるようになるものですね。

ここまでストレスが限界に達したときにどうするべきかに加えて、そうならないためにどうするべきかを説明してきました。

もしこの記事を読んで、自分の体が発しているサインに気が付くことができたなら幸いです。

あるいは、ストレスが溜まらないような生活を意識していただけましたでしょうか。繰り返しになりますが、自分にあった環境を作る努力は大切だという視点も持っていただければと思います。