転職活動中はストレスがいっぱい!転職に前向きに取り組むためには

転職のストレス-体験談

転職活動中は、意外にストレスに悩まされることをご存知でしょうか。

仕事のストレスや職場のストレスが嫌で転職を決めたのに、さらにストレスを感じるとは、と思うのは当然です。

もし、一人で転職活動を始めたのなら、転職のストレスは深刻かもしれません。

そのようなストレスに押しつぶされないためにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は、転職を考えている方に、転職のストレスの原因とそれを克服する方法についてご紹介します。

転職活動はストレスが大きい

「こんな会社、辞めてやる」と思っていても、実際に転職するためには、大変な勇気が必要です。

もし、学生時代にリクルートに苦労した方なら、なおさらでしょう。できれば、今のままで自分を取り巻く環境が良くなってほしい、そう思うのは当然です。

しかし、今のままで良くないと思うから、転職を考えたのではないでしょうか。

人は基本的に変化を嫌い、現状維持を望んでいます。しかし、必要な時には決断しなければなりません。

変化を受け入れるのは、誰にとっても大きなストレスです。

そして、この大きなストレスを乗り越えてこそ、今と違った新しい生活が待っています。

仕事が限界のサイン
仕事が限界のときのサインを知る-真面目なあなたに読んでほしい仕事が限界の「サイン」と、対策についてお伝えします。 30歳前半、転職4回の女WEBマーケターの経験談。ブラック企業、クビを経て、現在はホワイト企業に勤務しています。 仕事が限界のときに「サイン」は必ずあらわれます。とても真面目なあなただからこそ、限界の「サイン」に気づかずに仕事をし続けているかもしれません!...

転職活動のストレスの原因とは

では、転職活動のストレスの原因とは何でしょうか。

学生時代のリクルート活動では、周りの大人が助けてくれたり、いっしょに活動している仲間がいました。

さらに、学生向けの就活イベントもたくさんあり、そういった場で就職先を決めた方もおられるでしょう。

そのため、学生時代のリクルート活動で、大きなストレスなど感じなかった、という方もおられるでしょう。

しかし、社会人になったら、転職活動は一人でやらなければなりません。

周りに相談できる人がいない状況で一人で決断することは、大きなストレスの原因です。

そのため、初めて転職される方多くの方が、転職活動にストレスを感じます。とはいえ、転職される方全員が同じことでストレスを感じる訳ではありません。

次から、代表的な転職活動で感じるストレスの原因についてご紹介します。

会社を辞めるストレス

今の職場で働くことがストレスになっているとしても、そこを辞めるにはさらに大きなストレスを伴います。

あなたは会社の上司に、すんなりと会社を辞めます、と言えるでしょうか。

苦手な上司なら、なおさら言いにくいことでしょう。

そんな上司にどうやって切り出そうか、と考えただけでストレスを感じてしまうのが普通です。

このようなストレスを乗り越えるためには、一人では荷が重いでしょう。

誰か背中を押してくれる人が必要です。

この人に相談して、辞めてもなんとかなる、と言われたから決断できた、といった具合です。

退職時のストレスは一時的なものですが、望まない場所で働くストレスはずっと続きます。勇気を出して上司に退職届けを提出しましょう。

そして、信頼できる相談相手がいるからこそ、その勇気が出せるのです。

一人で悩んでいないで、まずは誰か信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

退職時の引き止め対処法
退職時に引き止められた時の対処法-20代男性の失敗経験談どこの業界も人材不足ですよね。 退職時の引き止め、よくあるのではないでしょうか。 わたしも「昇給するから辞めないで」と引き止...

次の会社へのストレス

なんとか会社を辞めたとしても、それで終わりではありません。

次の仕事が見つからない不安も、ストレスの原因です。

学生時代に就職先探しに苦労された方なら、この不安をよく知っているのではないでしょうか。

なお、転職先探しは、どんなに忙しくても会社を辞める前から始めましょう。

次の仕事が決まらないと、それがストレスになります。

退職前から転職活動を初めて、今の会社を退職したら、すぐに次の会社で働ければ理想的です。

さらに、転職活動は、誰にも内緒で一人で始めるのが一般的です。

そのため、相談できる人が限られています。

中には、誰にも相談できず、一人で抱えている方もおられるでしょう。このように、一人で悩んでいると、悪いことを考えてしまいます。

そして、これもストレスを感じる原因です。

転職 辞め て から
転職は、仕事を辞めてから・働きながらどちらが良いか-転職体験談転職したいけど、仕事を辞めてから・働きながらどちらが良いか迷いますよね。 私は転職を4回経験しており、仕事を辞めてから・働きながら...

不採用のストレスは深刻

特に一人で転職活動をやっている方にとって大きなストレスを感じるのは、不採用通知を受け取ることです。

これが何件も続くと、自分が社会に必要とされていない、と感じて、軽いうつ状態になる人もいるので、このストレスは深刻です。

申し込んだ求人があなたに合わないだけだったとしても、不採用通知を見ると自分が否定されたような気持ちになるのはよくあることです。

客観的に見て、その求人はあなたに合った仕事だったのでしょうか。一人ではその判断は難しいことでしょう。

幾つもの不採用通知を受け取る前に、誰か信頼できる人に相談してみてください。転職活動を一人で続けてはいけません。

一人で悩んでいると、それがストレスになってしまいます。

転職がうまくいかない
転職がうまくいかない原因と、内定を得るためのポイント転職がうまくいかない・・・そんな人は必見!30代前半で転職4回の女性WEBマーケターの転職の体験談。転職のコツをしることで、前職年収よりアップさせることは難しいことではありません。「転職がうまくいかない」と思っている人は、ぜひご覧ください。 ...

転職でストレスを貯めないためには

学生時代のリクルート活動を思い出してみてください。

先生や職員が、就職について相談にのってくれていたのではないでしょうか。

また、親しい友達同士で、就職先について情報交換したことはありませんか。

先程もご紹介したように、転職活動を一人でやるのは、よくありません。相談できる人がいるのなら、ぜひ、相談してみてください。

別にその人に判断してもらおう、ということではありません。

あなたの不安を聞いてもらうだけで十分ストレス解消になります。

また、身近に相談できる人がいない、という方は、転職エージェントに登録してカウンセラーに相談するのも有効な方法です。

転職エージェントは、就職が決まった会社からお金をもらっているので、求職者はお金がかかりません。

また、あなたの経験を聞いて、あなたに合った転職先も紹介してくれたり、履歴書の書き方や就職面接を突破するコツなども教えてもらえるといったメリットもあります。

転職は前向きな行為

最後によく言われることですが、転職は今の辛い状況から逃げる行為ではありません。これまでの環境をリセットし、新たにがんばれる新しい環境を手に入れることです。

多少のストレスは、刺激となって自分の成長を助けてくれます。

しかし、一人でストレスに立ち向かえるほど人は強くありません。一流のプロのアスリートがコーチを必要としているように、ストレスを乗り越えるためには信頼できる相談相手が必要です。

ぜひ、ストレスを乗り越えて、前向きな転職を成功させましょう。